タブレットは新聞や雑誌を読んだり映画を見たり、画面が大きい分だけスマホとは違った点で便利なところが多いです。そんなタブレットをどうやって選んだらいいかは、どのような使い方をするかを考えた方が良いです。その方法をお伝えしています。

タブレットのおすすめ

タブレットはAndroidなら、ファーウエイかエイスース


■ Androidのタブレットは数が少ない

タブレットを選ぶとき、どうしてもiPadの方が有名で買える場所も多いので、Androidタブレットは埋もれてしまいがちです。

実際Androidタブレットを選ぶのは苦労します。

Androidのスマホは山ほどありますが、Androidのタブレットは多くはないのです。

しかも、7インチが主流で10インチは多くはないのです。

余りにもiPadの完成度が高くて、7インチ型を主流にしたとも考えられています。

日本で買えるAndroidのタブレットは、ファーウエイかエイスースになります。

お金を出しても良ければ、ソニー製もあります。

ただ、多くの場合タブレットは生活の中でスマホよりも主になることはありませんので、用途を明確にして使い方に適したタブレットを選ぶことが大事です。


■ 7インチのタブレットは手持ち用

7インチサイズのタブレットの用途はほぼ手持ちで使うことが前提になります。

Androidの7インチタブレットは薄くて軽いものが多いので、画面が大きめのスマホのように使うこともできます。

さすがに電話の用途には使えないタブレットも多いので、Webを見たりSNSやゲームなどをするのが主になります。

こういった用途には7インチサイズは適します。

また、コンパクトだけれども画面が大きいので、通勤時に映画を見るなどの場合にもなかなか良いでしょう。

フルハイビジョンの解像度(1920x1080)を備えたタブレットも増えていますので、画面の鮮明度は上がっています。

高解像度の液晶は、見るからに鮮明!ということはないのですが、例えば雑誌を読むとか書籍を読むときに、文字が潰れることがないということなどで、その高解像度を実感します。

映画を見るとき、高解像度にはなりませんので、ご注意ください。

解像度が粗いものだと、やや文字が潰れたようになることがあります。

だからといって読めないというものではありません。

オススメは、ファーウエイのタブレットです。指紋認証も付いているので、ロックが簡単に解除できます。

フルハイビジョン液晶も搭載しています。


■ 10インチは解像度が低いのが難点

ファーウエイ、エイスース共に10インチのタブレットを出していますが、

残念なのは、どちらもフルハイビジョン解像度ではないことです。

10インチのように大きな画面こそ、高解像度の液晶が欲しいところなのですが、これはとても残念です。

代わりにオススメしたいのが、アマゾンのFire HD 10です。

この端末はAndroidではありませんが、10インチサイズでフルハイビジョン以上の高解像度液晶を備えています。

その上、2万円を切る価格なのでとても魅力的なのです。