タブレットは新聞や雑誌を読んだり映画を見たり、画面が大きい分だけスマホとは違った点で便利なところが多いです。そんなタブレットをどうやって選んだらいいかは、どのような使い方をするかを考えた方が良いです。その方法をお伝えしています。

タブレットのおすすめ

タブレットのSIMフリーモデルを格安で使うと安くて便利


■ タブレットにはWi-FiモデルとLTEモデルがある

タブレットにはWi-FiモデルとSIMを挿入できるLTEモデルの2種類があります。

Wi-Fiモデルはネット接続に関してはWi-Fi接続しか方法がないモデルのことをいいます。

一方のLTEモデルは、携帯電話会社と契約したSIMを挿入することで、Wi-Fi接続とモバイル通信の両方ができるモデルです。

言ってみれば、スマホのようにWi-FiがあるところではWi-Fiで、Wi-Fiがないところではモバイル通信で、という使い分けができるのがLTEモデルです。

ですので、タブレットを外に持っていく予定はなく、自宅にWi-Fiがある人は必ずしもモバイルの契約は必要ありません。

また、たまに外に持っていくという人であっても、スマホのテザリングを使ってタブレットをネットにつなぐことはできますし、

モバイルルーターをお持ちの方でしたら、Wi-Fiモデルでも何ら支障はないのです。

このように、タブレットを選ぶときにWi-FiモデルかLTEモデルかを考えて選ぶ必要があります。

というのは、LTEモデルはWi-Fiモデルよりも高いのが通常だからです。


■ iPadのSIMフリーモデルはアップルストアで買う

iPadは買う場所によって、買えるモデルに違いがあります。

アップルストアに行けば、Wi-FiモデルもLTEモデルも買えます。

LTEモデルを買えば、格安SIMを別途契約して利用することができます。

必ずしも格安SIMの契約はなくても、Wi-Fiだけでも利用できます。

iPadを買いたくて、大手の携帯電話会社に行く場合は要注意です。

大手の携帯電話会社では、Wi-Fiモデルを扱っていません。

必ず、LTEモデルになります。そして、大手携帯電話会社との契約が必須になります。

スマホとセットにしたとしても、タブレットの契約だけで月額2,000円ほどになりますし、単独で契約すると4,000円〜5,000円が必要になります。

iPadを安く使いたいのでしたら、アップルストアに行くことです。


■ Androidのタブレットは格安スマホで買える

Androidのタブレットの場合、iPadと同じように大手の携帯電話会社に行くと、必ずLTEモデルになります。

格安スマホには、SIMがセットになっているLTEモデルが用意されていますので、これを利用するとタブレットを安く契約できます。

Androidのタブレットは7インチや8インチの小型が主流です。

iPadの10インチよりは小ぶりですが、その分価格が安く2万円ほどから利用できます。

Wi-Fiモデルが欲しい人は、家電量販店などに行って買うことができます。

パソコンコーナーの近くに売っています。